就職で困らない為の情報>面接で好感度を上げる方法

面接が、苦手だと感じる人は多いと思います。

それほど経験するものでもないですし、自分の仕事がこれで左右されると思うと、やはり緊張もします。
特に、若い人ほど、そうかもしれません・・。
しかし、事前にしっかりと準備をしておく事で、緊張は緩和されます。

面接で聞かれる内容は、だいたい、決まっています。
  1.職歴
  2.以前の職場を退職した理由
  3.今回の職場を選んだ理由
  4.希望する部署
  5.趣味や資格など

以上の項目は実際に質問される事が多いのです。

私は採用された後に、ある程度その会社に慣れてから、当時の面接担当者に採用された理由を聞いたのですが、
採用の理由は質問に対する回答内容ではないのです!
「真面目そうだと感じたから」というのが最大の理由でした。
つまり、真面目さを演出する事が秘訣なのです。

確かに、自分が会社の社長や面接官であれば、真面目で誠実に仕事をする人を採用したいと思うでしょう。
更に聞くと「何となく感覚がズレてると思う人は採用できない」との事でした。
具体的には、茶髪の人や私服的な格好の人、ある程度の年齢でありながら、敬語が使えない人・・
この様な人達には「ズレ」を感じるそうです。
真面目や誠実というのは、就職するうえでの「王道」なのです。

現役採用担当が語る就職活動を勝ち抜くための就活裏話。
誰も言わないから俺が言ってやる!をテーマに現代の就活を斬る!
メール・お礼状の書き方など、就職活動に具体的に役立つ情報をどんどん更新中!
リアル就職活動〜就職活動のメール・お礼状の書き方なども〜

 

 
 
 
 
inserted by FC2 system